kunugiの目指すもの。

お菓子で、ワクワクする楽しさや季節を感じる喜びを届けたい。

「おいしいもので自分の身近な人たちに喜んでもらいたい」。そう考えていたオーナーパティシエールである兼田が、ヨーロッパ生まれのワッフルに出合い、気軽に、手軽に食べられるよう試行錯誤をくりかえして生まれたのがkunugiのワッフル。手のひらサイズにカットしてクリームや季節のフルーツなどをはさんだワッフルは、当時の広島ではまだ珍しく、「新しいお菓子」として注目されました。「kunugiワッフル」誕生から約20年。おかげさまで今では多くの方に愛していただいています。

kunugiのすべてのお菓子には、初めて「kunugiワッフル」をつくった時の兼田の思いが今も変わらず込められています。

おいしさで、みんなの毎日をもう少ししあわせにしたい。素材で、みんなに自然や季節の恵みを感じてほしい。アイディアで、みんなをちょっと驚かせたい。

この思いはこれからも、ずっと変わることはありません。

Copyright(c) KUNUGI All Rights Reserved.